開発小話

基本的に僕は会社員なので、朝9時〜18時は会社の仕事をしています。

コロナの影響で在宅勤務なる体制が生まれ、今は大体週4回在宅勤務をしています。

在宅の日は朝8時に起きてもOKだし、18時と同時に開放されるので時間に余裕が生まれます。

そのお陰でアプリの開発の時間が取れます。

XENONを作り始めたのが2019年の11月ごろ。

Android版のリリースが2020年2月ごろでしょうか。

そこから現在(2021年3月)でXENON、RubikCage、漢字ぷよぷよ、NEKO DAMASHI魂と4つゲームをリリースしてきました。

新しいゲームを開発しながら既存のアプリのアップデートなどもやっていました。

全てUnityを使って作っています。

上記ゲームを2種類以上遊んでくれてる方は気づいてるかもしれませんが、かなり共通部品を使用しています。

背景が違うだけでフォーマットは同じです。

でも、これが開発を効率的に行う手助けになっています。

また機会があればどのようにプロジェクト管理をしているかなどをブログに書きたいと思います。

 292 total views,  3 views today

開発小話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る